clinic practice support 医院開業支援

開業の流れ

  1. 開院の計画
    どのような形態で開院するかを検討します。土地、建物を賃貸契約にするのか、あるいは購入するのか。戸建かあるいはテナント利用か。居抜き物件か。開業時期、標榜科目、医院の名称、開業予算を考慮します。所属する医局上司への十分な説明を行います。
  2. 立地の検討
    開院を希望する土地周辺の開院の需要の把握。開院希望の場所の人口動態、人口構成、世帯構成を調べます。厚生労働省から受診率を調べます(診療圏調査)。また予定地周辺の競合医院があるかどうかも検討します。この段階で一日あたりの予想受診患者数が算出されます。
  3. 事業計画・資金計画の策定
    予想される患者数をもとに事業計画表をたてます。医療収入、予想される必要経費の金額の見込みをたてます。
  4. 借り入れ
    自己資金に加え必要に応じて銀行、国民金融公庫などからの借り入れを行います。
  5. 設計、建築
    設計、建築、内装業者の選定を行います。建築、内装の打ち合わせを始めます。
  6. 医療機器、備品、家具の調達・選定
    標榜科目に応じた医療機器、備品、家具の選定、調達を行います。またこの段階でリース業者の選定も必要になります。
  7. 人材の確保
    人材の確保を行います。標榜科目に応じて確保する職種は異なってきます。地域によっては人材の確保が困難な場合もあるので、広告で早めに人材を確保します。また人材派遣業者を利用する場合もあります。
  8. 保健所、地方厚生局、税務署、
    労働基準監督署など官庁への届け出
    法令に応じ、所轄官庁への届け出を行います。
  9. 広告
    駅の広告、電信柱の広告、またホームページへの立ち上げを行います。
  10. 開業直前準備
    スタッフ教育、内覧会、就業規則策定、医師会加入開業前にスタッフへの接遇の教育を行います。必要であれば外部からの講師を招聘します。開業前に近隣の患者様への内覧会を行います。また近隣医療機関への挨拶を必ず行います。就業規則を作成します。

医院開業?お問い合わせはこちら

DPCのFacebookを見る

DPCのFacebookを見る

ページトップへ