home medical care 在宅医療

在宅医療への取り組み

在宅医療のイメージ

薬局にとってこれからの医療を考える中で、在宅医療のニーズは非常に高くなっています。在宅医療にはすでにいくつかの薬局で実践し多くの経験を得ることができました。それは今までに在宅医療の先進的取り組みとして学術大会等で発表し、ロールモデルとして活躍をしています。
薬剤師にとって在宅医療は能力・存在を遺憾なく発揮できる場所です。薬局の薬剤師でも、チーム医療に参加し実践できる貴重な場所であるとも言えます!しかも「在宅医療では薬剤師がその中心的存在である!」と言っても過言ではありません。「これからの時代に必要とされる薬剤師とは?」こんなテーマを一緒に考え、チーム医療の中心的存在になってみませんか?

無菌調剤

無菌調剤研修のイメージ

無菌調剤は、薬局の在宅医療の中で注目され、今後必要性が大きなってくると考えています。実際に行っている居宅管理業務の中ので、終末期の患者さんにとってTPNは必要不可欠であることを実感しています。
これらすべてのニーズに対応すべく、長野県の「うすだ薬局」には無菌調剤室を完備いたしました。全国的にも地域医療の最先端を行く総合病院と協力し、多くの地域、幅広い患者さんをサポートしています。無菌調剤研修では在宅医療の最先端を実際に体験していただきたいと考えています。一緒にこれからの在宅医療の在り方を考えてみましょう!

バイタルサイン

バイタルサインのイメージ

在宅医療が進む中で、バイタルサインの確認は、薬剤師にも必要なスキルになってきました。
スキルアップ研修会を開催し、実際にバイタルサインの確認ができる様になるまで研修を行っています。
そして実際の在宅の現場では、患者さんのバイタルサインの確認を行い、フィードバックを行っています。

DPCのFacebookを見る

DPCのFacebookを見る

ページトップへ